サプリ

多くの化粧品メーカーから様々なタイプの化粧水が販売されています。
化粧水は水分を補給する役目もしていますが、化粧水に含まれている美容成分も重要で、その美容成分で保湿する役目も持っています。
そのため、化粧水選びの際には成分に着目して選ぶのがポイントです。
また、乾燥が気になる冬には、化粧水をレンジでほんの少し温めると、浸透力が倍増します。
肌は冷たいものよりも温かいものの方が浸透力が高いという性質があるので、このような使い方をすると効果を大きく引き出すことができます。
レンジでわずか7秒程度温めるだけで、美容液のような保湿力を発揮してくれて、潤いある肌になることができます。
ただし、ビタミンCが含まれている化粧水は温めると成分が壊れてしまうので、注意しましょう。

化粧水と言っても、保湿用や美白用、引き締め用やブースター用など、様々なタイプがあります。
肌に水分を与えられるのは化粧水だけなので、正しい効果のある使い方をするのが重要です。
まず、使う量をケチったりせずにたっぷりと使うのが大切です。
値段の高いものを少量付けるだけよりも、リーズナブルな値段のものをたっぷり使った方が肌のためにはとても良いのです。
また、少量ずつ肌になじませながら、何回か重ね付けしてあげるのが有効です。
肌にしっかりと水分を送り込むことができて、保湿力が高くなります。
コットンと手の両方に良いところがあるので、手間を惜しまずコットンでつけた後にハンドプレスしてあげると、化粧水の浸透力が高まります。